マネーストレスフリーな家づくり Nstyle+oneの想い

家は人生を豊かにするためのツール
だからこそ、投資効果に見合う家づくりでこれからの時代を幸せに暮らしてほしい。

どうしてマネーストレスフリーが大切なの?

1

Reason

家づくりで後悔する原因は
結局のところ「お金」です。

 住宅を取得した方の約7割は家づくりに後悔があり、その大半が「お金」にまつわることが起因しているといわれています。

 家づくりにお金がかかりすぎると、その後の家計にも生活にも余裕がなくなってしまいます。簡単には買い換えられないからこそ、賢い家づくりには家を建てた後、「お金で悩まされないために」という視点が重要です。

家にまつわるマネーストレスとは?

  • 住宅ローンの返済がきつすぎる
  • 旅行や外食を我慢することが増えた
  • 教育費をかけてあげられない
  • 趣味を楽しむ余裕がない
  • 暑さ、寒さがきつくて光熱費がかかる
  • 修繕費が予想以上にかかる
  • 老後の生活資金が貯められない

2

Reason

家は夢を買うのではなく
人生への投資だと考えよう。

 建築費の安い家は、ローンの負担は少ないですが、長い目で見るとメンテナンス費や光熱費がかさみ、放っておくと30年も経てば資産価値はほぼゼロに。 性能にこだわった家のほうが余計なコストがかからず、最終的には安くついてお得になるのはすでにご存じだと思います。

 だからこそ、すべてにおいてこれからの家づくりは、人生を豊かにするための「投資」と考え、お金のかけどころを間違えないようにすることが大切なのです。

家づくりはライフプランが
とっても大切ね。

3

Reason

『デザイン』<『性能』思考で
投資型の家づくりを。

 人はカッコいいデザインを重視しがちですが、生活が始まって価値を感じるのは建物のスペック(性能のレベル)になります。

性能の高い家は、低燃費で光熱費がかからない、劣化しづらくメンテナンス費用がかからない、災害に強く資産価値が落ちにくいなどのメリットがあります。

 快適に暮らしながら、お金で悩まされない人生の基盤を作ることが可能なのです。

一生住む家だから、
隅々まで知りたいね。

4

Reason

お金で悩まない家は
多くの「お得」に恵まれます。

 デザインに過剰に投資した家は、ローンの返済に無理がかかりがち。 人生の楽しみである子供との思い出づくりの旅行や趣味、教育資金が阻害されては、家族のために建てた家なのに本末転倒な結果といえます。

 老後の蓄えも考えないといけない現在では、まずは費用対効果のある性能を優先したいところです。暑さ、寒さ、湿気のストレスがなく健康に暮らすことによる医療費の軽減、継続的に払う火災保険料を安く抑える投資など、さまざまな面から予算内で合理的に考えることが、生涯マネーストレスフリーな家を実現させます。

Housing Producer 中広 久

  • 一級建築士
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 宅地建物取引士
  • シックハウス診断士
  • 頭のよい子が育つ家公認アドバイザー
  • 愛犬家住宅コーディネーター
  • ハウジングライフプランナー

住まいに関わる
さまざまな疑問に
お応えします!

ページ上部へ戻る